Search this site
佐渡日記 Day.1-2
初めての佐渡。

今回の目的はPI(パールイズミ)のブース出展のサポートとBタイプレースの出場。

木曜日の新幹線に乗り、新潟で一泊。PI専務の清水さん、パタンナーのアケオさん、一緒にアンバサダーを務めるユウキと美味しいお寿司を堪能。



貝の酢の物が絶品だった。
レース前に生物を大量摂取(笑)

新潟の街はほどよく栄えていながらも、空が広くて懐かしい空気。ちょっと京都の街中に似ていたからか、久しぶりに心からホッとする脱力感を味わう。

翌日佐渡汽船に乗り、島へ。
高速フェリーたのしい。
しかし。。ここにきて落車での頚椎損傷が火を噴く。朝起きたら首がガチガチで回らない。立位も寝ていても痛い。バイクの前傾姿勢が頭を過り、一気に不安が押し寄せる。



レンタカーで宿へ。Team PIとOn Japanの皆さんとで、13名の大所帯のため貸切り。



一福さんのご主人はお料理上手で、朝晩手の込んだ愛情たっぷりのごはんをご用意くださいました。レースの応援もしてくださり、暖かいおうちみたい。

宿に荷物を置き、早速エキスポ会場で出展ブースの設営。







エアロトライスーツのプレゼンテーションと小物の販売、さらにわたしがディストリビューターを務めるzone3の水着の販売もさせていただきました!



現ナマ握りしめて計算してるところを激写されるの巻。

この日は早めに撤収して、島祭りに参加。



みんなで佐渡の美味しい郷土料理を堪能。でもアルコールはナシ。

なんだかんだ朝から慌ただしい1日が終了。首が少しでもマシになることを祈りながら寝落ち。
posted by 北川麻利奈 | 23:20 | トライアスロン | comments(0) | trackbacks(0) |
筑波エンデューロと沼津駅伝
先週末は2日2連戦o(^▽^)o

筑波エンデューロでは、練習を兼ねた3人編成の4チームで、4耐に出場。



コースレイアウトが比較的優しいこともあり、トップ集団で長く乗ることができました。終わってから時計を確認してみると、単独での走行距離68km、スピードはAve40km。病気と落車で1ヶ月間満足に練習できなかった中で、地味にウエイトトレーニングとローラーをやっていたのが良かったのか、思っていたより踏ん張れた。

結果は4チームすべて入賞!良介監督率いるAチームは男子カテゴリー総合2位でした。







そして、寝不足のまま2:30に起きて沼津へ…。トライアスロンデビューしたいスイムコーチのためにチームを組んで参戦。

昨日のものすごい緊張感とは正反対のお祭りレースに全く気合いが入らず(笑)リカバリーのつもりで適当に(^^)











暑さと疲労でやる気ゼロのわたしは、たくさんの仲間と笑いながらしゃべりながら楽しく終え、やっぱりトライアスロンのレース会場はパワースポットだなと感じさせてもらえました。

皆さん、いつも本当にありがとうございます!!なんかこう、内側から愛が溢れてくるというか、幸せな気持ちになれる仲間がたくさんいるって本当にありがたいです。

残りのシーズン、どうか皆さんが怪我や故障なく楽しめますように!!わたし自身の落車の傷もようやく支障が出ないレベルまで治ってきたので、後半戦に向けて頑張りますo(^▽^)o
posted by 北川麻利奈 | 11:03 | トライアスロン | comments(0) | trackbacks(0) |
落車の傷のための栄養素
縫合した傷と、右半身全体の擦過傷を早く治すために体内からのアプローチをしっかりしようと早期回復のための栄養素を調べました。

マストなのは、アミノ酸、コラーゲン、亜鉛の3つ。それ以外にもたくさん。

いつものように動けないのでカロリー摂取は控えめにしたい。食事は必要な栄養素のみ。それを補うために飲み始めたのがコレ。



筋肉と皮膚の再生化を促すAbound。
落車した日の夜から1日2回飲んでます。

成分は、タンパク質合成促進と分解抑制効果が高い日本初のHMB配合?アミノ酸14000mg!! 傷が治りにくい患者のために作られた医療用商品で、オレンジフレーバーで美味しいです。

激しくトレーニングをするアスリートに、多忙を極めるビジネスパーソンの日常にもオススメ。普段サプリ系は摂取しないけど、疲労回復のためのアミノ酸だけは必須ですね。

皆さんもぜひお試しください(^^)(^^)
posted by 北川麻利奈 | 10:16 | トライアスロン | comments(0) | trackbacks(0) |
人生初落車
昨日の朝、人生初落車を経験しました。



チームメイトが優しくておもしろくて笑っていますが、ヘルメットがへこむほど頭を強打していたので、救急車に乗った直後に嘔吐。エグれた肘は6針縫いました。あとは、右半身全体の擦過傷。

病院から帰ってきて、落車した原因を振り返り。複数あるマイナス要素。一つだけであれば回避してきたのに、重なったのが良くなかった。

一晩経ったいま、やはりムチウチで首の痛みに苦しんでいますが、今回の落車を冷静に客観視し、悲観的にならずに今後の糧にしようという気持ちです。

1番重要なのは、ここからどんなトレーニングを実施し、完全復活できたときにどんな自分でいられるかということ。怪我を負いながらの3種目のトレーニング方法と早期回復のための食生活。この2つの要素を追求してみようと思います!

たくさんの人に、安全に楽しくトライアスロンを楽しんでほしいからこそ、自分の経験を無駄にせず、少しでも周りの方の役に立つような情報や方法を集約できたらいいな。

傷跡は確実に残ると言われたけど、これはこれで貴重な経験。まずは大事に至らなかったこと、大切なチームメイトを巻き込まずに済んだこと、そして現場で的確な判断のもと助けてくださった皆様に感謝します(^^)
posted by 北川麻利奈 | 23:55 | トライアスロン | comments(0) | trackbacks(0) |
PI合宿@館山
PI(パールイズミ)の撮影&合宿で4日間館山に滞在してきました!

朝6時から夕方19時までの長時間に及ぶ撮影も、顔なじみの撮影クルーの皆様と一緒だったので、疲れを感じることなく良い作品を撮りたい!!という思いだけで楽しませていただきました。カメラマンさんの撮りたいイメージを、撮られる側が鮮明にイメージして、その通りに動けるか。スポーツシーンの撮影ならではの奥深さの連続でした。

初日だというのに、この時点ですっかり焦げ焦げ(笑)









動画、スチール、ドローン撮影のオンパレード。OYMとPI WebSiteに載る予定なので、またお知らせさせていただきます!

土日は佐渡にチャレンジするメンバーと合流して合宿。バイクをメインにメニューを構成。ハードスケジュールにも皆さんしっかりついてきてくださり、猛暑の中励まし合いながら練習できました。









「合宿は限界を超える場」だと最後にお話させていただきましたが、先入観や固定概念を取り払って常にストレッチした目標にチャレンジし続けるのはレースでも練習でも同じこと。

優しくて甘い言葉を並べるのは簡単だけど、切磋琢磨したいからこそ、厳しい言葉も致し方ないと思っています。トライアスロンにだけ集中できたこの贅沢な時間の中で、何を感じて次に繋げられるか。わたしも含め、チームメンバーにとって有意義な機会になってくれていると嬉しいです。

PIチームの皆さん、On駒田さん、OYM撮影クルーの皆さま。このメンバーだからこそ過ごせた、すこぶる楽しい時間に心から感謝します(^^)(^^)
posted by 北川麻利奈 | 01:56 | トライアスロン | comments(0) | trackbacks(0) |