Search this site
日記による産物は?
トライアスロンで知り合ったフリーの編集者の方がオススメされていた本を読んでみた。



その方の友人であるとある出版社の方がこの本に書いてあることを実践し、残業0になったとの実話付きでリコメンドされていたので、知った瞬間本屋さんへ(笑)

書くことで外化し、
読むことで内省と認知する
という内容が書かれています。

TODOを書くわけでもなく、スケジュールを書くわけでもなく、ただ毎朝仕事に対する"感情"を書く。スマホのアプリじゃダメみたいです。冒頭に目標を書いて、いつも読み返せることが大切だから。ノートやPCのwordがいいみたい。

また、日記を読み直すことで、気づきを得て思い込みを外し、多重課題を防ぎ、目標と自分の行動を意識化させることができ、目標達成率が高くなるのだと。

理論は理解できる。水球をやっていた頃は毎日日記をつけ、事あるごとに読み返していた。その度に、目標や瞬間的に感じた様々な感情・想いを思い出しては、心の栄養にし、活力をみなぎらせていたから。

ビジネスマンにおいては、業務量が多く日々仕事に追われている感じがして落ち着かない、プレッシャーや不安に感じる人には良さそう。
書くという行為によって情報をいったん脳から取り出し、整理できるので、あたふた猛スピードで作業をこなして疲れ果てたわりに、生産性が低い、なんてことから抜け出せるのでは。

物は試しで、仕事日記というよりは普通の日記として書いてみようと思う。

何か成果があらわれたら、またここに書きます。
posted by 北川麻利奈 | 22:39 | おすすめ書籍 | comments(0) | trackbacks(0) |
おしゃれの近道
久しぶりにこんな本を読んでみました。活躍されているファッションジャーナリストの方の著書。



たくさんのワードローブを持つより、本当に気に入ったものをうまく着回したい、そんな方にもおすすめかも。

イラストが可愛くて、一瞬で読めちゃいます。お洒落は女性のモチベーションであり、武器であり、自己表現だと思うので、自分らしくお洋服を着こなすためにこれからも勉強!
posted by 北川麻利奈 | 00:58 | おすすめ書籍 | comments(0) | trackbacks(0) |
おすすめ書籍(料理編)
 メタボリック症候群の家人をダイエットさせるために、いまお家ゴハンを推奨しています。そんなとき、先日お会いした会社の先輩の奥様に、素敵な本を教えていただきました!

コチラ↓

著者は電通のAEをされていた方で、同時に料理研究家をしても活躍されていたそう。多忙な日々の中、お家でちゃんとした食事を摂り心身のバランスを保ちたいという思いから手軽に出来て栄養価の高いレシピがたくさん載っています。

調理行程はどのレシピをみても平均2行程ほど!
とっても簡単。本のサイズも小さめで、お手軽感があります。お酒好きで飲みながらいろんなものを少しずつ食べたいという方にはおすすめの一冊。

最近入籍した会社の同僚に、旦那様とお家でゆっくり穏やかな時間を過ごしてもらうためにプレゼントしたいと思います。

今日もいいお天気ですね。
これから泳ぎにいってきます!
posted by 北川麻利奈 | 11:06 | おすすめ書籍 | comments(0) | trackbacks(0) |
おすすめ書籍(自己啓発編)
 悶々と鬱屈しているとき、ボーっとしているようでも様々なイメージの断片が頭の中を去来している。好き嫌いの感情、過去の記憶、未来の予想・・・。
そういうものを頭の中でつないでいるシステムのことを”ディフォルトネットワーク”というそうです。(茂木さん談)

今年の12月で今の会社との契約が満了し、次の道を選択するときがきます。
いや、そのときでは遅いですね。

いま、自分の将来進みたい道を模索しています。
組織に属するのか、それともフリーランスで社会とつながるのか。

脳科学者の茂木健一郎さんの本はほぼ全て読みましたが、最新刊”龍馬脳のススメ”を
読みました。内容がわかりやすく、モチベーションが上がるおすすめの一冊です。


”肩書きとか組織とか国とか、そういうものから解き放たれて生きる人が輝きを放つ時代”

この言葉がとても刺さりました。

何が起こるかわからない”偶有性の海”に飛び込むこと。

私にも過去これぞ脱藩じゃき!と思える行動を起こし、今ここにいるのですがもう一度脱藩する覚悟が必要なようです。

お休みに入る前に丁寧に自分と向き合って有意義な時間を過ごしたいと思います。

posted by 北川麻利奈 | 19:26 | おすすめ書籍 | comments(0) | trackbacks(0) |